手を差し伸べる女性

本来の介護業務に集中するためには介護ソフトは今や必要不可欠

● SITE MAP ●

介護ソフトの導入で紙ベースの帳簿をスリムにしよう

はつらつとした笑顔

介護福祉士として施設に勤めている皆さん。介護施設において、利用者のさまざまな記録を閲覧することがあるかと思います。例えば、体調に関する内容、日常生活において介助がどのくらい必要かということ、介護の程度など、必要に応じて確認しなければならないことが多々あります。
これらの内容は、従来はほとんどすべて紙ベースの帳簿に綴じられていたのではないでしょうか。ところが、紙ベースでファイリングされたものは、整理しておかなければすぐに探したい項目を見つけることは容易ではありません。介護の世界では、時にスピーディーさが求められる中で、これでは時間のロスにつながり、介護サービスの低下にもつながってしまいます。
特に介護施設の運営者にオススメなのが、介護ソフトの導入を図るということです。介護ソフトがあれば、利用者に関する情報をどんどん入力することができます。そして、パソコンだけではなく、タブレットなどでも同じように介護ソフトを入れておけば、介護福祉士の方々もすぐに必要な情報を確認することができます。
今や紙ベースの時代ではなく、ICTの時代です。利用者のデータをソフトに入れて、必要に応じて紙に出力すればよいのです。帳簿のスリム化を図るためにも介護ソフトを導入しましょう。

● TOPICS ●

ハートマーク

入居者管理には介護ソフトを活用しよう

少子高齢社会が進行している今日この頃、介護施設においても年々入居者が増えていることは周知の事実となっています。ただし、入居者が増えることによって、介護施設が抱える情報も増えていく一途をたどることとなります。情報が膨大になるにつれて、管理がままならない状態となるだけでなく、体調・既往症・介護度などの情報を取り違えてしまうという危険性も負うことになります。そのようなときに、介護ソフトが重…

TOP