手を差し伸べる女性

本来の介護業務に集中するためには介護ソフトは今や必要不可欠

● SITE MAP ●

介護ソフトを介護福祉施設に導入しよう

手すり付きの階段

介護施設では、毎日介護福祉士の方々が奮闘しています。食事や入浴など日常生活における介助や利用者の健康管理だけでなく、利用者の家族の訪問対応なども行います。さらには、外部の来客の対応、清掃、空調管理も行いますし、施設によっては深夜・早朝においても利用者の観察などをすることになります。介護業界では、日常の業務は時間で動かなければならないため、それらを管理するものが必要となってきます。
従来は、手書きベースで行っていたかもしれませんが、今の時代では対応しきれません。そのような問題を解決するために、ぜひ介護ソフトの導入を検討しましょう。介護ソフトは、例えば日常生活における食事・入浴・排泄介助の時間、家族がいつ訪問したかの記録、体調管理など、さまざまな業務の記録を取ることができます。
また、介護福祉士のタイムテーブルも一括して管理することができます。介護ソフトによって、これまで紙ベースで管理していたものも、容易に確認することができるようになるのです。ソフトに入力することで、いつでも記録をチェックすることで、業務の短縮化・スリム化を図ることができるようになります。
介護施設の利用者は今後も増える傾向にあるでしょう。そのような状況に直面している中、この介護ソフトが重要な存在になっていきます。

● TOPICS ●

ハートマーク

入居者管理には介護ソフトを活用しよう

少子高齢社会が進行している今日この頃、介護施設においても年々入居者が増えていることは周知の事実となっています。ただし、入居者が増えることによって、介護施設が抱える情報も増えていく一途をたどることとなります。情報が膨大になるにつれて、管理がままならない状態となるだけでなく、体調・既往症・介護度などの情報を取り違えてしまうという危険性も負うことになります。そのようなときに、介護ソフトが重…

TOP