手を差し伸べる女性

本来の介護業務に集中するためには介護ソフトは今や必要不可欠

● SITE MAP ●

介護ソフトがあればスタッフ間の情報共有が円滑に行える

砂時計

介護現場において、各勤務ごとの申し送り、スタッフ間の情報共有は必要不可欠かつ時として重大な事故を未然に防止することができます。しかし、口頭や手書きのノートでは不完全かつスタッフ全員で情報を共有することも困難です。しかし、介護ソフトの導入によりパソコン、タブレットそしてスマートフォンを利用した情報共有が可能です。
介護ソフトがインストールされた端末により、入居者の情報を場所を問わずに入力できるだけでなく、誰もが同じ情報にアクセスできます。つまり、必要な情報をいつでも確認することができ、トラブル発生時には速やかに対処することができます。また、ルーチン化された対応だけでなく、通常とは異なる対応が必要な際にも介護ソフトなら漏れることなく対応することができます。
登録されたタスクの進捗チェックにより、漏れがないかを把握することができます。例えば、入居者の薬の飲み忘れなどもスタッフ同士で確認し合えるというメリットがあります。また、情報は施設内のネットワークを経由してスタッフ全員がリアルタイム共有できることから、同じ作業を重複したりするといったこともなくなります。そのほかにも、新たな入居者の情報をいち早く共有化でき、スタッフの対応体制をいち早く構築することもできます。

介護ソフトで入居者の膨大な情報をペーパーレスで管理可能

介護施設ともなると、多くの入居者がおりそれぞれの介護情報は膨大なものになります。基本情報だけでなく、医療履歴や介護履歴など紙媒体での管理には限界があるだけでなく、直ぐに必要な情報を確認できないという問題も生じます。しかし、介護ソフトの導入により入居者の情報を電子データ化でき、膨大な情報の中から検索により必要なものだけを素早く把握することまでも可能になります。
介護ソフトでは、入居時から日々の対応履歴まで残すことができます。そのため、過去の対応履歴も確認でき、担当スタッフが変わった際でも同じ対応が可能になります。また、ペーパーレス化することで個人情報に対するセキュリティも高められます。紙媒体のようにほかの資料に紛れてしまうことがありません。
また、利用制限により閲覧できる情報へのレベル設定も可能です。さらに介護ソフトでペーパーレス化することで、より多くのスタッフが同じ入居者の情報を知ることができます。調理スタッフと介護スタッフが同じタイミングで異なる情報を知りたいという場合でも、記録された媒体の順番待ちになることもありません。ペーパーレス化により管理負荷が減るだけでなく、業務全体の効率化につながる介護ソフトで業務品質を向上しましょう。

介護ソフトで施設やサービスの利用情報を請求書に反映できる

介護施設では、毎月の基本料金だけでなく、追加で施設利用したりサービスを利用したりすることでサービス料金が発生します。しかし、スタッフが後から情報を入力する方法では入力作業だけでなく、利用情報の漏れにも繋がります。さらに請求データへの反映にも作業が必要になります。ですが、介護ソフトの導入でこれらの入力管理が効率化され、コア業務に専念できるようになります。
施設やサービスの利用情報は、近くに設置されているパソコンの管理端末、携行するタブレットやスマートフォンからその場で登録ができます。つまり、これまで一時的にメモを行い、管理用の手書きノートに転記するなどの作業がなくなります。介護ソフトでリアルタイムでの登録ができることにより、記録漏れによる請求漏れという問題を未然に防止できます。
また、これらの集計は利用者ごとに介護ソフトで自動的に行います。そのため、締め日に集計を行う作業がなくなるだけでなく、集計ミスにより別の利用者に過大請求してしまうこともなくなります。さらに入居者の家族から利用明細を求められた際にも速やかに対応できます。請求書へのデータ反映をスタッフが専属で行うことななくなれば、人手不足になっている業務の負荷分散にも効果的です。

● TOPICS ●

ハートマーク

入居者管理には介護ソフトを活用しよう

少子高齢社会が進行している今日この頃、介護施設においても年々入居者が増えていることは周知の事実となっています。ただし、入居者が増えることによって、介護施設が抱える情報も増えていく一途をたどることとなります。情報が膨大になるにつれて、管理がままならない状態となるだけでなく、体調・既往症・介護度などの情報を取り違えてしまうという危険性も負うことになります。そのようなときに、介護ソフトが重…

TOP